KAT-TUN、時々、婚活。

ゆるーいヲタク。Sexy Zoneも気になるアラサー

【亀梨和也ソロコン】おひとりさまで参戦して感じたこと

一人で参戦することになった、亀ちゃんのソロコン。

レポに書くほどでもないかもしれないことを、個人的に書き留めておこうと思います。

おひとりさまでも楽しめる!

当日、早めに行ってもグッズめっちゃ並んでて、開演時間に間に合わないかもってアナウンスしているくらいだったのに、ギリギリまで粘ってみようと思って並んでいたら、同じく一人で来ていたお姉さんに話し掛けられて、行列も全然苦じゃなかった。

一人でも楽しめたり、ハイフン達が良い人達ばかりなのも、亀ちゃんや、メンバー達のおかげだなっていうのは、ひしひしと思う。

本当に、良いエネルギーを蒔いてるよね♡って、毎回、感じさせられます。

 

無事、グッズも買えて、結構余裕で会場入れて、開演前、パンフレット読みながら亀梨和也の世界観に浸って、いざ、開幕!

レポは、こちらにまとめてあります。

www.kattun-konkatsu.xyz

亀梨和也のエンターテイメント

亀梨さんって、王道じゃないっていうか、崩してくるっていうか。

パンフレットを読んで、ソロコンでの演出を観て、リンクする部分に改めて気付いたり、そこにはちゃんとテーマがあって、そこまで色々と考えてくれているんだなあとか、本気を感じるよね。

それに、後輩思いだし、いつも思うけど、言ってることと、やっていることが伴っていて、当たり前なことかもしれないけれど、それが出来るって簡単なことじゃないし、人として感動させられる。

 

いつも言っている、亀梨和也というフィルターを通して、自分を好きでいてくれている人に対して、発信者としてエンターテイメントを届けること。

亀ちゃんきっかけで、普段だったら触れないものにもその世界に触れる機会があったり、興味を持ったり。

そういうのを乗せていきたいっていう、その精神が本当にプロだなって思うし、もう頭が下がる、尊敬する。

そういうところも含めて好きなんだなーって思えるし、生きるってこと自体がエンターテイメントとか、なんだよ。格好良すぎか。深いわ!(褒めてる)

ステージを通して感じたこと

ソロコン中、感じたことは、知っている曲が大音量で流れていて、その迫力のある音響、鮮明なライティング、バックで踊るJr.に、壮大な演出のステージ。

それを全身で体感することが出来て、まさに非現実的。

 

私は、ステージの中でも特に照明の演出が好きで、映像で見るのとはまた違った迫力があるし、生で見るアクロバットも圧巻だったり、あの白い煙のスモークの存在感だったり、もう、ステージひとつひとつの演出が好き。

 

その演出にも、亀ちゃんのこだわりがあるんだなーって思うと、堪らない。

なにより、本人が目の前で歌っているっていうほど、特別な空間ってないよね。

特別な時間の共有

私、思っていた以上に、亀ちゃんに対する思い入れが強すぎて。

日常生活に影響するほど、パワー受けているよ。

最高のステージを観せて貰ったから、何度も味わいたい気持ちはあるし、変わらず、もっと入りたい!っていう気持ちが全くない訳ではないけれども。

いつもなら絶対に現実に戻りたくないっていう気持ちの方が大きいのに、図り知れないくらいのエネルギーを貰って、余韻に浸りまくっているというか、それ相応に前向きな気持ちになれている。

いい意味で、満たされてるからかな。

 

なんか本当に、亀ちゃんがやっていることって、並大抵のことじゃないなって。
ありきたりなことしか言えないけれど。

想像しただけで壮絶なのに、スケジュールの大変さとか、その苦労って、実際は遥かに想像を超えてると思うんだよね。

 

コンサートだけじゃなくても、現実があるからこそ、非現実が活きてくるのも事実で。

こうやって非現実という名の現実を味わえたからこそ、生きていく励みになっているんだと思う。

ソロコンレポを読んでいて感じること

他のソロコンのレポを読んでいても、想像しただけで亀ちゃんの器の大きさに胸がいっぱいになるーーー。苦しいくらい。

好きーーー。(泣きそう)

 

妄想の話だけど、私、亀梨さんと一緒に仕事したら、絶対に好きになる気しかない。

いや、一緒に仕事しなくても好きなんだけど。←

 

会場によっては、マナー守らない人がいたり、時には上手くいかない時も多いだろうけど、その都度、対応変えて、成立させてる亀梨さん、凄い。

エロさ満開だったり、機嫌良かったり、ちょいちょい意味分からないところも好き。笑

 

それを、こうやって皆さんが共有してくれるって、嬉しいんだけど。

この時代だからこそ、良いも悪いも沢山あるけれど、その中で、ひとつひとつが彼の言動によって勇気づけられているのが、すんばらしいな!って。

しあわせの拡散。

本当、亀梨さんに救われている。

和也くんが笑っているだけで癒されるし、平和になれるくらいの偉大さがある。

Follow me の、ついてきて欲しいっていう思いが込められている。っていうのを聞いて、なんかもう、言葉では言い表せないくらいの感情になった。

 

映像とかも、様々なスタッフさんや、アーティストの方々にも力を借りて、このステージが成り立っているんだなって思うと、改めて周りの人たちに支えられているんだなって思ったし、亀梨和也の集大成。

 

本当に亀ちゃんの愛を感じるし、私の思い出になるくらい、とてつもなく素敵で、良い時間だった。すっごい、胸いっぱい。

周りのことを一番に考えてくれてる亀梨和也だからこそ、ついて行きたい!って思わせてくれるのが自然だし、
きっと亀梨さんのことだから、どこまでもファンはついてくるよ。